5分前行動・15分前行動・30分前行動は時と場合による

5分前行動・15分前行動・30分前行動は時と場合による

日本人にありがちな15分前や30分前行動は、時と場合によっては迷惑なこともありますが、せっかちで短気な人もいますので注意が必要です。

例えばプライベートな待ち合わせの時などは5分前でも十分なはずなのに15分前に来ていなければ烈火のごとく激怒する人も存在するらしいので、各々の常識というのは人によって全く違ってきます。

 

30分前行動の是非

 

f:id:tanteitantei:20170924204106j:plain

私が会社員だった頃の話ですが、上司が30分前行動を推奨している方で、会議でも出張でも全員が30分以上前に集まるような状況でした。

 

上司曰く「30分前に集まることにより早く行動でき、その日の予定が早く終わる」とのことでしたが、それは全員が同じ考えなら別に構わないと思うのですが、それが周知徹底できていなかった場合は逆に非効率になってしまうこともあります。

 

例えば他の支店の支店長まではそのことを知っていても、部下まで徹底していなかった場合には、その部下は約束の時間の10分前に集まればいいだろうと思って行動します。

 

 

そうなると例えば各支店から集まって会議をする場合の会議の開始時間が13:30分だった場合に、ほとんどの人は30分以上前の13時には集まっているのに、事情を知らない人達は10分前くらいの13:20分にようやく集まってくるのです。

 

そうすると30分以上も前に集まってくる人達からするとまるで20分以上がロスタイムだったように感じてしまいます。

 

また10分前行動の人も予定時間より早く来ている訳で何ら責めに帰すべきことをしていないのに、まるで1人だけ遅れてきたような扱いになってしまうのです。

 

もちろん、県外出張の時などには電車の遅延なども考えられますから、目的地の近くの駅には早い段階で着いておく方が良いとは思いますが、会議の開始10分前まではすぐに移動できる会議室のあるビル内で時間を潰したりしても問題ないと思うのです。

 

それが上司が30分前行動をしてしまうと、上司を待たせる訳にはいかないと部下はさらに早く行動しなければならなくなってしまい、最終的に45分前行動や1時間前行動をせざるを得なくなってくるのです。

 

その待ち時間の1時間をも有意義に過ごせるのなら良いのですが、特に早朝の集合で予定より毎回1時間も早く集まっていたら、それだけで疲弊してしまいますし、まして毎回毎回そんな集合をしていたら部下の身が持ちません。

 

体育会系の職場は特に序列が厳しいため部長が30分前行動をすると課長は45分前行動になり係長は1時間前行動になってしまうのです。

 

こうなってくると何かおかしいでよすね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

10分前か15分前行動で十分

 

ビジネスの場合にはもちろん遅刻はいけませんが、予定の10分前から15分前に集まれば十分だと思うのです。

 

会議でもメンバーによっては15分程度遅刻してくる人もいますから、15分前行動でも30分以上待たされることもありますし、30分前行動をしていたら45分以上待たされていたかと思うと30分前行動が必ずしもよいものとは思えません。

 

30分前行動は30分前行動を徹底できる人達だけで行えばよいと思うのです。

 

 

親しい人なら5分前で十分

 

f:id:tanteitantei:20170727202241j:plain

ビジネスに遅刻は厳禁ですが、例えば友人宅を訪問する場合などには30分前行動は逆に迷惑です。

 

プライベートで会う友人などは集合時間14時なら、14時に合わせて準備するはずですから、1時間前や30分前など早く行き過ぎると準備ができておらず慌てさせることにもなってしまいます。

 

どうしても早く着きすぎるような時は、訪問する前にその旨メールか電話をして、相手が準備できていれば寄っても問題ありませんが、そうでなければどこかで時間を潰しましょう。

 

友人宅への訪問は約束の時間前後5分程度に訪問するので良いと思います。

 

まれにせっかちな人で30分以上前から待ち構えていたというケースもありますので一概には言えませんが、自分の家で待ち合わせする時に予定より30分も前に来られると考えた時には、早すぎる訪問は迷惑でしかないように思います。

 

 

遠方の場合は余裕をもった行動を

 

ビジネスの場合もプライベートの場合にも訪問先が遠方の場合には余裕のある行動をしたほうが安心です。

車は渋滞に巻き込まれることもありますし電車・バス・飛行機などの乗り物でも遅延することはありますから、特に風の強い日や雪の日には注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク