楽なバイトしかしない30代 フリーター男性が40代になりその後どうなったのか?

 【30代 フリーター男性】楽なバイトしかしてこなかった男の将来は?40代になった男性の悲惨な末路

一般的には男性が30代になってもフリーターだと40代や50代はさらに条件が悪くなっていき悲惨な末路になってしまいます。

f:id:tanteitantei:20180925193132j:plain

知人が働いている職場でも何も新しいことを覚えようともせず30代から40代まで楽なバイトしかしてこなかった男性がいるのですが、その男がその後どうなったのかを書いていきます。

 

30代バイト男性は向上心がなく40代になってさらに仕事のパフォーマンスが落ちた

ある店で接客の仕事をしているパートの女性から聞いた話ですが、同じ職場でバイトをしている40代男性は、とにかく勉強をしたくない・責任を持ちたくない・何も覚えなくていい楽な仕事しかしないと常々言っているそうで、実際その職場で誰よりも1番仕事をしないそうです。

元々、向上心もなく安易な気持ちで何の理由もなくフリーターを選んだ人は職場で何も覚えようとしないようで、さらに年齢を重ねるごとに仕事のパフォーマンスは落ちていきますから一緒に働くパート女性達にその負担が全部のしかかるそうなのです。 

 

30代から40代以降の男性のフリーターは周りも使いにくい

接客業だと店長やバイトリーダーが20代から30代前半ということもあって、それよりもさらに上の世代の30代後半から40代以降の男性のフリーターは周りも使いにくいそうなのです。

その理由は、男性には変なプライドがある人が多くて自分からはあまり動こうとしなかったり、新しい仕事を覚えようとしなかったりするそうで、周りのパートの女性達も30代~40代位の男性には暇そうにしていてもフットワークも悪いため仕事を頼みにくかったりするそうです。

 

そのため、自分からよく動く30代から40代のバイト男性であれば周りも一緒に仕事をしやすいために、その職場が存続する限りは雇ってもらえる可能性も高いそうなのですが、フットワークの悪い人は人員削減の際に一番に切られるそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

  

30代でバイトだと40代以降もフリーターのままの可能性が高い

30代でバイトを続けていると、もう新しい事を覚えようとする気力もなくなりそのままフリーターとして40代に突入してしまうことが多いようです。

接客業は子持ちの主婦やシングルマザーも多いため、周りの女性も5時間くらいしか働かないこともあって、そんな環境にいるバイトの男性も同じように5時間程度しか働かなくなるようです。

主婦やシングルマザーは子供のことで時間がないから短時間しか働いていないため、仕事中はできる範囲の仕事は全部しているらしいのですが、バイト男性は用事もないのにただ周りに流されて短時間しか働かない上、一番楽で簡単な仕事しかしないそうで、もう10年近く働いているのに調理はおろかオーダーをとることやレジ打ちさえもいまだにできないそうです。

 

事業縮小のため異動になる40代パート女性と切られる40代バイト男性

この店がこの度、事業縮小することになったのです。

女性のパート社員達は一通りの事ができるため他でも勤まるだろうからと系列の店に異動させてくれることになったそうなのですが、40代のバイト男性だけは切ることになったそうです。

この男性は30代から40代まで10年近くも同じ職場でバイトで雇われていたものの何も覚えようとしなかったため、職場の上司としても他の店には紹介することもできなかったそうです。

 

上司も優しく周りも本人のやる気がなく年齢が年齢だけに教育も諦めていたため楽なバイトを10年近く続けてこられたこの男性にとっては非常に働きやすい良い職場であったはずですが、その職場を離れるにあたってはきちんと教育してもらっていた方が、この男性の将来にとっては良かったのかもしれません。

 

よくも悪くも周りが優しすぎて、この男性には最低限の本人ができるという事だけをさせていたことが、この男性の将来にとっては実際は少しも優しくない行動であったということです。

 

勉強しない環境に身を置くと人は努力しなくなる

この男性も周りが時間の取れない子持ちの主婦やシングルマザーであったため、勉強しない事や努力しないことが当たり前のようになってしまっていて、一日5時間しか働かないのに、空いた時間にも何もしない毎日だったそうで、資格も何1つ持っていないそうです。

当然パソコンも一切できないそうで、力仕事も苦手だそうですから、働くとしたら同じような接客業になるのでしょうがレジ打ちが覚えられないとなると雇ってくれる店はほとんどないのではないかと思います。

 

20代ならともかく40代がいざ就職しようとする時にはアピールできる資格も職歴も実務経験もないのでは転職が非常に困難になります。

 

 

30代~40代までフリーターを続けた男性の将来はどうなるのか?

この男性は今はもう40代です。

せめて正社員の経験があれば40代でもどうにか転職できた可能性はあるでしょうが、簡単な仕事しかしてこなかったバイトではいくら10年近く勤めていたとはいえ、レジ打ちもできなければ資格も何もないとなると、バイトでさえもそう簡単に就職することはできないでしょう。

 

おそらくこの40代の男性はこの先の50代も60代もずっと今より条件の悪いバイトで食いつないでいくことになるでしょうが、条件は歳を重ねるごとに益々悪くなることが目に見えています。 

 

スポンサーリンク

 

 

 

バイトするなら20代までにしよう

実力のある人や能力の高い人は別ですが、普通レベルの人は目的なくバイトをするのは20代までにしておきましょう。出来れば大学生の内にバイトを経験し新卒で正社員になるのが最も堅実ですが、人には様々な事情があります。

 

バイトの他に明確な目的があって自分を律することのできる人であれば30代でバイトをしていても問題はありませんが、責任のない楽な仕事がしたいなどの理由で30代になっても何処にも就職せずにバイトを続けていたら、その先は悲惨な生活が待っています。

 

女性は30代になってもパートをしている主婦やシングルマザーが多いので、別にそこに独身のフリーターが混ざっていても周りから見ても何の違和感もなく、本人さえよければその先もパートなりで雇ってくれる職場は多いでしょうが男性の場合は会社も使いにくいので話は別です。

  

バイト先で正社員になるには努力が必要

接客業でも真面目にバイトを頑張っていると正社員にしてもらえるケースもあるので、就職の際に新卒で正社員になれなかったとしても、努力次第では途中から正社員になれる人もいるのですが、努力しない人には職場もそのチャンスは与えてくれません。  

 

 遅くとも30代前半でスキルが身に付く会社に就職しよう!

目的もなくバイトをしている人は20代から30代前半のまだ若い内にスキルが身に付く会社に就職されることをおすすめします。

例えバイトや派遣社員であっても、正社員登用してもらえるように若い内から努力しておいた方がいいです。  

 

スポンサーリンク