「終身雇用は難しい」とトヨタの社長もおっしゃっている件について

「終身雇用は難しい」とトヨタの社長もおっしゃっています!

私はもう20年以上前から終身雇用制度や年功序列に疑問を持っていましたが、ようやくトヨタの社長までもが「終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」とおっしゃるようになりました。

 

「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」

この発言についても、ごもっともな意見だと思います。

長く勤めているだけで会社への貢献度が高いとは限りませんからね。

 

終身雇用に守られていた50代の無能な女性社員の話

私が20代で就職した会社でも50代の無能な女性社員が長く勤めているという理由だけで私たちの何倍もの給料をもらっていました。

その無能な50代の女性は意味のない作業を何度も繰り返し、就業時間が終わればさっさと家路に着きますが、本来やるべき仕事は一切していないので、私たち20代や30代の女性がその尻ぬぐいをさせられてきました。

電話を取っても聞き間違うし、書類はミスだらけ、パソコンは全くできない、経理なのにお金の計算ができず簿記の知識もない。こんな無茶苦茶な女性社員に昔の企業は手厚い保護をしていたのです。

 

それでも性格が良ければまだ許せますが更年期障害なのか度々会社でヒステリーを起こしていて、男性社員も手を焼いていました。

 

はっきりいってこの50代の女性は会社のお荷物だったわけですが、終身雇用とはこういった女性を守る制度でもあったのです。

 

スポンサーリンク

 

 

20代30代の給料が割に合わない!

f:id:tanteitantei:20180822210705j:plain

もちろん会社も私たち20代と30代の女性を評価はしてくれていましたし、昇給はそれなりにありましたが、それでも50代が貰う給料から考えると割のいいものではありませんでした。

成果を上げない人が長く勤めているという理由だけで多くの報酬をもらえ、成果を上げた若手社員は年齢に応じた給料しかもらえず損をする、そんな仕組みなんですよね年功序列というのは。

 

実際に会社で最もよく働くのは20代30代であり、経験知識を考慮しても30代を給料のピークにするのが至極当然の意見だと思います。しかし日本の企業はそうしてきませんでした。

だから国際競争力も弱まるんですよ。

 

50代でも優秀ならば優遇されるべき

もちろん50代でも優秀な人はいますよ。その方達は優遇されてしかるべきでしょう。

しかし問題なのは無能な50代をいつまでも高給で雇い続けてきたことです。

 

スポンサーリンク

 

 

年齢や勤続年数とは無関係に各々の仕事内容に応じた正当な評価を求める

 

のんべんだらりと仕事をしているフリをすれば給料を貰えた人達。それを支えてしまったのが終身雇用です。

そして、あの頃の50代は今では年金もガッポリ貰っている世代なんですよ。

生まれた時の違いでこんなに変わってしまうのは、やりきれませんよね。

 

会社も終身雇用・年功序列制度はさっさと終わらせて、代わりに年齢や勤続年数とは無関係に各々の仕事内容に応じた正当な評価をしてあげてほしいものです。

 

スポンサーリンク

 

 

雇用の流動性はあって然るべき

雇用の流動性はあって然るべきであり、雇われる側もどこででもやっていけるだけの力を付ける必要があるのではないかと思います。

よって前向きな転職であれば、どんどんすればいいと思います。

 

今、日本は「チーズはどこへ消えた?」状態に向かっているように感じます。

ずっと昔に読んだ本ですから詳しい内容までは憶えていませんが、仕事面でも変化に対応できる人間が求められる時代になっているのではないでしょうか。